打ち合わせにて

先日、メーカーさんと打ち合わせをしてきたのですが

そこで聞いてきた話をシェアしたいと思います。

 

 

接骨院・整骨院業界について話を聞いたのですが

接骨院を開業するにしても、雇われて接骨院で働くにしても

仕事をするには【柔道整復師】という国家資格が必要になります。

 

 

柔道整復師の国家資格を得るためには

高校卒業後、厚生労働省の許可した専門の養成施設(三年間以上修学)か

文部科学省の指定した四年制大学で

 

解剖学、生理学、運動学、病理学、衛生学、公衆衛生学などの基礎系科目と

柔道整復理論、柔道整復実技、関係法規、外科学、リハビリテーション学などの

臨床系専門科目を履修し

国家試験を受け、合格する必要があります。

 

簡単に言ってしまうと

勉強することが多くて大変ですし、めちゃくちゃ時間が掛かるということです!

 

 

それだけの苦労を経て、国家資格を得て働き始めるわけですから

接骨院ってものすごく儲かるんだろうと思いますよね?

 

しかし、実際のところそうでもないらしいです!

 

だから不正をしてしまう人が出てきてしまいますし

その不正のせいで業界全体の評判が悪くなり

さらに窮地に追い込まれてしまう、、、

 

完全に悪循環ですよね。

 

 

つまり、たくさんのことを学び

苦労して国家資格を得て、接骨院業界に入っても

報酬的な恩恵があまり無いということです。

 

では、今まさに国家資格を取ろうと努力している人たちは

国家資格を得て、その後どうするのでしょうか?

 

 

儲かるかどうかなんて関係なく

接骨院業界に飛び込んでいく人も少なくはないそうです。

 

それは数字にもあらわれていて

現在、廃業してしまう接骨院も少なくはないのですが

年間を通して見ると、廃業してしまう接骨院の数を上回る勢いで

新しい接骨院が全国の至る所で開業しています!

 

メーカーさん曰く

その開業する接骨院の中には

不正による多額の報酬を目的にしている人もいるだろう。

ということでしたが、、、

 

システムを普及させていく側としては

接骨院が一定の件数を保ってくれているのは嬉しいことです。

 

 

儲かるかどうかなんて関係なく

接骨院業界に飛び込んでいった人たちが

より良い仕事をできるようにサポートしていきたいと

再認識させていただきました。

 

これからも頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です